ホシノ住建の取り組み

Hoshino Concept

抗酸化工法

シックハウス問題に取り組む

WHO(世界保健機構)が定めているホルムアルデヒドの住宅内の残留濃度(0.08ppm)は大変厳しい数値です。しかし、抗酸化工法で施工された住宅はその値をクリアし、強度のアレルギーでお悩みの方の体調が良好になります。
決して全ての方が良くなるものではないのでしょうが、ひとつ言えることは家具や建材に含まれるホルムアルデヒドを、蔑ろにしてはいけないということです。
特に抵抗力のない乳幼児の時に悪い空気環境の中に置かれるのは、取り返しのつかないことになりかねません。周りの大人が気がついて改善してやるしかないのです。
お子様をはじめ、ご家族すべての方々に癒しの住空間・空気環境を提案いたします。

抗酸化工法の威力を見せつけられます

抗酸化工法の部屋では…

  • 4年間置いておいたパンです。カビが生えず、硬くなって角が折れました。

  • 4年間置いておいた肉です。カビが生えず、臭いを出さずに硬くなりました。

偶然の発見!!

5月10日にもらってきたかた餅が…

8月の終わりごろ、テラスでブランチを楽しんでいました。
北側の風通しの良いテラスにもかかわらず、吊るしておいたかた餅にカビが生えていてビックリ!!

一方、食べるために、居間の中に持ち込んでいたかた餅は何の変化もなし。
全く空気がよどんでいる場所にも関わらず、サイドボードに掛けておいたかた餅は無事。

居間は、5年ほど前にクロスの上から“いきいきコート”を塗っただけの抗酸化処理です。
吊るしてあるサイドボードには抗酸化処理は施していません。

風通しが良い北向きのテラス

風通しは良好

3ヶ月後

3ヶ月後、見事にカビが発生

4ヶ月後

見事な青カビ

カビが生えてしまいました
2009.5.10~2009.9.7
風通しの良いテラスに約4カ月吊るしておいたかた餅

抗酸化工法のダイニング

ダイニングの隅

3ヶ月後

同時期のダイニングの餅

4ヶ月後

奇麗なもち肌

カビが生えていません!!
2009.5.10~2009.9.7
抗酸化処理をした居間に約4カ月吊るしておいたかた餅

もしもこの餅が人間だとしたら… 考えるだけでゾッとします。
抗酸化工法住宅は、人間が錆びるのを防いでくれます。

写真で見る抗酸化工法

PCページを見る

ページの先頭へ戻る